ニュース

ホーム > ニュース > 「おいしいくだものを作る科学と技術」 岡大サイエンスカフェ開催

「おいしいくだものを作る科学と技術」 岡大サイエンスカフェ開催

 本学研究推進産学官連携機構は2月23日、本学の研究者が研究成果を分かりやすく説明する「第47回岡大サイエンスカフェ」を創立五十周年記念館で開催しました。
 大学院環境生命科学研究科の森永邦久教授が、「おいしいくだものを作る科学と技術」をテーマに講演。岡山になじみの深いモモ、ブドウなどの品種開発を紹介したほか、おいしい果物を作るために水分制御が重要であることや地球温暖化などの気候変動による影響についても説明しました。市民ら126人が聴講。熱心に聴き入っていました。
 次回は4月14日、大学院環境生命科学研究科の綾野克紀教授が「コンクリートの環境負荷低減とインフラの長寿命化」と題して講演する予定です。

【本件問い合わせ先】
研究推進産学官連携機構 研究推進本部
TEL:086-251-7112

(15.02.25)


講師の森永教授


熱心に話を聴く参加者