ニュース

ホーム > ニュース > 驚異の新種! アキラマイマイ~「晴れの国おかやま」を象徴するかたつむり~

驚異の新種! アキラマイマイ~「晴れの国おかやま」を象徴するかたつむり~

本学大学院環境生命科学研究科(農)の福田宏准教授、国立科学博物館の亀田勇一支援研究員の共同研究グループは、岡山県南部と香川県島嶼部に固有な陸産貝類(かたつむり)の新種を認識し、アキラマイマイと記載・命名しました。本研究成果は2015年1月15日刊行の「Venus」(日本貝類学会発行)に掲載されます。
 アキラマイマイは市街地周辺に多産するにも関わらず見過ごされてきました。その姉妹種シメクチマイマイと外見で識別できず混同されてきたからです。貝類では、互いに別種であるのに殻などの外部形態で識別できない例は極めて稀です。
 本研究グループは、アキラマイマイが人類による干拓以前は離島であった場所、シメクチマイマイがもともと陸地であった場所に主として分布していることも突き止めました。
 降雨量が少ない備讃地方は、陸産貝類の種の多様性が際立って低く、全国でも屈指の「かたつむり不毛の地」と見なされてきました。アキラマイマイは、「不毛な」備讃地方で独自の進化を遂げた比類のない種と考えられ、この地方の自然環境の特性とその歴史的変遷を象徴する貴重な存在といえます。

http://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id263.html