ニュース

ホーム > ニュース > 「植物力」と「生物力」から革新的研究シーズを探る フューチャーセッションを開催

「植物力」と「生物力」から革新的研究シーズを探る フューチャーセッションを開催

 本学は、文部科学省の次年度の革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)を見据え、次世代シーズ・ニーズ創出を探るとともに、未来について多様な立場から解決すべき問題を提起し、少人数での活発な対話を通してより良い未来を実現する解決策を構築する「第11回フューチャーセッション(Future Session)」を11月25日、津島地区の大学会館で開催しました。
 大学院環境生命科学研究科有機機能材料学講座の高口豊准教授が、「バイオミネラリゼ―ションに学んだ複合材料合成:材料調和社会を目指して」と題して講演。貝やザリガニなどの生物の素材の仕組みと似た人工複合材料を作り出すバイオミネラリゼーションを活用することで、次世代を支える革新的材料の創出について話題提供を行いました。続いて、同研究科生物情報化学研究室の村田芳行教授が、植物の成長を制御する仕組みを解明することで農林産業に新たなイノベーション創出につながる話題提供を行い、参加した本学役員や教職員、学生、岡山県産業労働部、エネルギー関連企業の担当者らと熱心に対話しました。
 本学では、社会と共に革新的イノベーションや高付加価値産業の創出、「リサーチ・ユニバーシティ(研究大学):岡山大学」につながる積極的な研究推進・研究力向上を精力的に行っています。
 本セッションは、今年度本学が採択された文部科学省のCOI STREAM「大学等シーズ・ニーズ創出強化支援事業(イノベーション対話促進プログラム)」の一環で実施されました。

【本件問い合わせ先】
リサーチ・アドミニストレーター(URA)執務室
TEL:086-251-8918

(13.12.25)


対話材料を提案する高口准教授


参加者と対話する村田教授