プロジェクト

ホーム > プロジェクト > Membrane-on-Membrane ~階層型自己組織化材料の創成~(資源循環学専攻)

Membrane-on-Membrane ~階層型自己組織化材料の創成~(資源循環学専攻)

◆日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 基盤研究(A)
◆研究代表者:島内寿徳
◆平成26年度~30年度

アミロイドは特定のタンパク質が形成する線維性凝集物であり、アルツハイマー病などの疾病に関連すると言われている。アミロイド形成を抑制するため、関連タンパク質の異常集積を検知し、その抑制を可能にする界面材料を設計する。具体的には、バイオマスなどから得られるポリマーなどを利用して、揺らぎなどの動的構造を備えたソフトな界面を開発する。

画像の拡大図 →