プロジェクト

ホーム > プロジェクト > 大規模時空間データのホットスポット検出に関する研究(生命環境学専攻)

大規模時空間データのホットスポット検出に関する研究(生命環境学専攻)

◆日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 若手研究(B)
◆研究代表者:石岡文生
◆平成28年度~30年度

どこでデータが観測されたかという「位置」情報が付与されたデータ(空間データ)に対し、有意に高い領域群(ホットスポット)を同定することは、環境リスク解析において重要な課題である。本研究では、従来の地理的な二次元空間データに加え、時間・高度などの情報が付加された、多角的な視点に基づくホットスポット検出法を確立する。さらに、近年様々な分野で蓄積され続けている大規模データに対し、これら一連の解析の適用を試みるとともに、それを実行するためのソフトの開発を目指す。

画像の拡大図 →