研究科紹介

ホーム > 研究科紹介 > 先進異分野融合特別コース

先進異分野融合特別コース

 環境・エネルギーおよび医療・介護・健康分野における科学技術力の強化は、我国にとって重要課題であり、それぞれグリーン・イノベーションおよびライフ・イノベーションとして国の成長戦略として掲げられている。本コースの教育カリキュラムはこれらの社会の要請に応じて柔軟に編成するものとし、グリーン・イノベーションとライフ・イノベーション分野を設定する。基盤教育研究組織(主専攻)による「深化」と本副専攻による「融合」のシナジー効果により、社会に有用なグローバル人材を養成する。
 自然科学研究科および環境生命科学研究科が連携して教育カリキュラムを構成する。両研究科の共通科目として、博士前期課程においては、「グリーン・イノベーション概論」、「ライフ・イノベーション概論」、博士後期課程においては、「グリーン・イノベーション特論」、「ライフ・イノベーション特論」を新たに開講する。また、各専攻において両分野に適合する科目を副専攻科目として指定する。指定科目は、グリーン・イノベーション分野とライフ・イノベーション分野のそれぞれにおいて、原則として各講座より博士前期課程に2科目以上、博士後期課程に1科目以上を指定する。また、本学の別組織である異分野融合先端研究コアが10科目程度の副専攻科目を開講する。これらの科目は研究科の枠を越えた履修を可能とする。